枝豆の賞味期限は生とゆでた後で変わる?冷凍や冷蔵保存の方法も

枝豆の日持ちは?新鮮さを長持ちさせる

枝豆の日持ち
枝豆はアジアで人気があり、通常はスナックとして食べられています。その健康効果から、この若い大豆は世界中で人気を博しています。ほとんどの場所で、枝豆は冷凍でのみ販売されています。他の野菜と同様、一度収穫するとあまり長持ちしない傾向があります。枝豆の品質、食感、栄養を保つには、適切な保存方法が重要なのです。

目次を見る
枝豆の賞味期限
常温 冷蔵庫 冷凍庫
新鮮な生の枝豆の場合 1日 2日 不詳
調理済み枝豆:1時間 7日 12ヶ月

 

枝豆の賞味期限は?
常温では、枝豆の賞味期限はかなり短いです。新鮮な生の枝豆の場合、殻付きでもさや付きでも、1日以上は持ちません。室温が高い場合は、より短い時間で鮮度を保つことができます。

調理済みの枝豆の場合は、必ずすぐに消費するようにしてください。常温で放置しておくと、細菌が繁殖し始める恐れがあります。

冷蔵庫では、新鮮な枝豆は2日ほどもちます。それ以上保存する必要がある場合は、調理することで賞味期限を延ばすことができます。

調理した枝豆の場合、冷蔵庫で7日ほど持ちます。ただし、鮮度を保つために、必ずその前に消費するようにしてください。調理済みの枝豆は、冷蔵庫の中の湿度によって品質が落ち始めます。

冷凍庫で保存した調理済み枝豆は、最も長い賞味期限を実現します。適切に保管されていれば、調理済みの枝豆は冷凍庫で1年程度はもちます。

枝豆は腐る?
枝豆は水分を多く含んでいるため、一度収穫するとあまり長持ちしません。生のままでも、冷凍でも、調理しても、枝豆は腐ってしまいます。

寒い季節には新鮮な枝豆を手に入れるのは難しい。しかし、夏にはたくさんあります。ファーマーズマーケットや食料品店で手に入ります。

新鮮な枝豆

新鮮な枝豆を買ったら、できるだけ早く食べるか調理してください。

保存が必要な場合は、常温で、通気性の良い袋に入れて、1日以内に使いましょう。室温が高い場合は、2~3時間以内に食べるとよいでしょう。あまり長く放置しておくと、高温で腐ってしまいます。

冷蔵庫では、枝豆はあまり長く置いておくと悪くなってしまいます。2日以内に消費するようにしましょう。冷蔵庫で保存する場合は、密閉容器かフリーザーバッグに入れてください。

空気に触れると、酸化して枝豆が腐ってしまいます。

冷凍枝豆

冷凍枝豆は、冷凍庫でとても長持ちする傾向があります。最長で1年間保存することができます。冷凍保存しておけばいつまでも安心して食べられますが、1年を過ぎると徐々に品質が落ちてきます。

冷凍している間は、空気に触れると冷凍焼けや乾燥の原因になるので、頻繁に袋を開けないようにしましょう。

茹でた枝豆

調理した枝豆が残った場合は、冷蔵庫に入れて4日以内に消費してください。それ以降は品質が低下し、安全に食べることができなくなります。

調理した枝豆は、室温で1時間以上放置してはいけません。枝豆には水分が多く含まれているため、細菌が繁殖し、病気になる可能性があります。

枝豆が悪くなったときの見分け方
枝豆が悪くなると、通常その兆候が現れます。以下は、その兆候の一部です。

色 – 新鮮な枝豆は、鮮やかな緑色をしています。腐敗すると、さやや豆が変色します。典型的な色は、黒く変色しているか、黒っぽい豆です。冷凍枝豆の場合、冷凍焼けも黒ずみの原因になります。変色を確認したら、捨てるのが一番です。

食感 – ぬるぬる、ふにゃふにゃしている枝豆は、腐りかけのサインです。残念ですが、食べ頃を過ぎているので、捨ててください。

外観 – 外側や内側にカビが生えている場合は、そのまま捨ててください。カビは細菌が繁殖している証拠です。

におい – 枝豆が臭くなり始めたら、それは食べ頃を過ぎています。野菜全体を捨てる前に、開いてみて全部腐っていないかどうか確認しましょう。1~2粒でも腐っているものがあれば、腐敗が広がるのを防ぐために捨ててください。

枝豆の保存方法
調理した枝豆を常温で保存することはお勧めしません。調理した後は、なるべく早く消費するようにしましょう。すぐに食べる予定がない場合は、細菌の繁殖を防ぐために冷蔵庫で保存してください。

新鮮な生の枝豆の場合、常温で保存する必要がある場合は、涼しくて乾燥した場所に保存してください。保存場所としては、パントリーや食器棚がよいでしょう。保存するには、通気性の良い袋にさやを間隔をあけて入れます。茶色の紙袋が最適です。枝豆の袋を食料庫に入れ、1日以内に使用します。

冷蔵庫では、生の枝豆を保存する場合、必ず最初に乾燥させます。水分があると腐る可能性があるので、洗わずに置いておくことをお勧めします。新鮮な枝豆は密閉容器に入れ、2日以内に使用すると品質が保たれます。

調理済みの枝豆を冷蔵庫で保存する場合は、密閉容器かフリーザーバッグに入れます。袋の中の空気をすべて絞り出してから密封してください。

枝豆は冷凍できますか?
枝豆は冷凍保存が可能で、長期間の保存に適しています。適切な保存方法で、冷凍した枝豆は12ヶ月間保存でき、風味を多く保つことができます。

冷凍する前に、まず茹でる必要があります。生の枝豆を茹でずに冷凍するのは絶対にやめてください。生の枝豆には酵素が含まれており、これが熟成して栄養素が失われ、腐敗してしまいます。このプロセスは、冷凍しても発生します。

枝豆を冷凍庫で保存するための下処理は、とても簡単です。枝豆の下ごしらえに一番適しているのは、まずブランチング(湯通し)することです。ブランチングすることで、冷凍庫で保存する間、若い大豆の味、食感、栄養を閉じ込めることができます。

また、ブランチングすることで枝豆の鮮度をより長く保つことができます。ブランチングをしないと、大豆は冷凍焼けしてしまい、3ヶ月以上持ちません。

枝豆
枝豆の鮮度を長持ちさせる方法
枝豆を購入する
枝豆の鮮度を長持ちさせるには、新鮮なうちに購入する必要があります。枝豆は収穫したての頃が一番新鮮なのです。ほとんどの食料品店では、それを見分けるのは難しいかもしれません。新鮮かどうかを見分ける唯一の方法は、その品質を見ることです。

八百屋で枝豆を買うなら、たいていは新鮮です。ほとんどの売り手は、それが販売される前日に若い大豆を収穫します。

食料品店や八百屋で買う場合でも、必ず品質を確認してください。良質の枝豆は、鮮やかな緑色で、殻に黒い斑点や傷みがないものです。また、ぬるぬるしていて、軽く押したら水が出てくるようなこともないはずです。

枝豆の取り扱い
枝豆はとてもデリケートなので、優しく扱う必要があります。お店から持ち帰るときは、食べ物や農産物をつけないように気をつけましょう。若い大豆の殻は圧力で割れてしまい、腐敗の原因になります。

家庭で、保存するときは、ぎっしりと詰め込まないように注意しましょう。枝豆をたくさん買った場合は、20~30個程度を容器に入れて保存するのがベストです。多すぎると、底にある大豆が割れてしまいます。

関連する質問
腐った枝豆を食べても大丈夫ですか?
腐った枝豆は絶対に食べないでください。腐ってしまうと雑菌が繁殖し始めます。腐った枝豆を食べると、食中毒で病気になる可能性があります。

枝豆が収穫されないとどうなるの?
若い大豆を成熟させたままにしておくと、さやが硬くなり、消化することができなくなります。成熟した大豆は、主に豆乳や醤油、豆腐などの大豆製品に使われます。

 

タイトルとURLをコピーしました